2012年12月6日(木)

「ノーモアフクシマ」我がメンターより 水と空気と土の基本三要素の全てを汚してしまった事への警笛

「卒・脱原発」ではなく、「ノーモアフクシマ」を説く、我がメンター城川氏のレポートを補足・紹介致します。
今回の東京電力福島第一原子力発電所の地球上最大・最悪の過酷事故で解ったように、原子力は一度暴走し始めたら制御不能に陥る。引いては「国家破綻」「人類滅亡」の可能性もある、甚大且つ長期間の損害(物心共に)が生ずる事を知ったのではないか。この日本人で有るわれわれが体験した、被害・損害・放射能被曝(既に広島・長崎で唯一の被爆国)!この絶対事実を見過して、次世代に将来は有るのでしょうか?
「福島原発事故の損害、被害状況を具体的な解り易いデータ で確認・明確化」する事が肝要。
1.損害金額想定:50兆円以上 年間国家税収額相当 山川・森林まで除染すれば数千兆円!?

2.長期間の放射能汚染:セシューム放射能汚染解消まで200年以上
補足)プルトニューム・ストロンチュームでは、通常2万年と言われていますが、核種の崩壊で人類が存在するかどうか解らない程の年月が必要です。

1)汚染土地面積:国土の8%、13分の1 確実な除染方法は見当らない。 補足)実際は国土の3分の1以上!

2)海洋汚染:太平洋全域の魚介類、海藻類 北米沿岸に放射能汚染マグロが既に到着!

3)地下水汚染:広範囲に拡大の恐れ、除染方法無し。防御方法も見当らない

4)食物汚染:あらゆる自然の恵みが放射能汚染をされて、子供達の健康被害はこれから未曾有に顕在化する可能性大

5)莫大な放射能汚染廃棄物が、全く処分場が決まらないまま放置されるリスク

3.避難住民の救済、賠償の目途が全く立たない状態で放置されている。自治体の崩壊!

1)移住者(避難民):13万5千人

2)放射能汚染地域住民:50万人以上(福島県の4分の1以上)。関東・東北・東海を含めれば国民の半数以上!?

3)放射能による健康被害と救済、健康診断体制未整備

4.放射能汚染と風評被害による、地域社会も経済基盤も崩壊

1)農林・水産・漁業・畜産業、一次産業のすべて

2)製造業

3)サービス業(観光業界、流通業界、福祉施設、病院、諸官庁他の社会インフラ)

4)教育関連施設、学校

5.福島原発廃炉

1)世界初の核燃料メルトスルー事故の為、廃炉技術はこれから開発を始める

2)所要期間:50年以上

3)関連技術者、作業員不足(許容放射線被曝量オーバーのため)

4)放射能汚染廃棄物処理場が見つからない故、国内では1基も処理完了実績無し

武蔵工大の実験炉の廃炉処理は、処分場が見つからない為、20年以上も棚晒し

「国内原子力発電の安全上の問題点」

1.歴史上最大の自然災害を想定した安全設計になっていない。欧米では1万年以上記録が明確な近代の(150年程度)の自然災害を想定下の安全設計

2.活断層を無視し、且つ軟弱な地盤上の海岸線に立地した上、耐震強度も圧倒的に低すぎる。

以上 この10月時点で作成した原発に関するレポートであり、被災・被曝・被害を被った事実関係を数値的にも明確にすべきと言うレポートです。
上記の検証と議論の上で、原子力発電の継続・廃炉の具体的なプロセスを真剣に具現化して戴きたい。

新樂智夫

新樂 智夫
Sustainable Community Designer
オフィス アコール代表

過去の記事

ページの先頭に戻る↑