2010年11月11日(木)

新宿区歌舞伎町クリーン作戦に参加。11月10日(水)

11月10日(水)新宿区歌舞伎町クリーン作戦に参加。

11月10日(水)新宿区歌舞伎町クリーン作戦に参加し、歌舞伎町花道通りのガム掃除を実施しました。

吐き捨てられたガムの中には「1年を通して細菌がいっぱい生存している」事を、

10月28日の日本公衆衛生学会でつくば国際大学の熊田教授が発表されたので、

安全の為、少し物々しいのですが、今日からはマスクと手袋を持参し、ガム取りを実施しました。

歩道の管理責任者の行政には、それなりの対応・対策を講じて欲しいものです。

各行政には、ポイ捨て条例が有り、タバコと同じようにガムのかみかすがポイ捨ての対象になっています。

そこには、罰則規定もあるのです。路上に張り付いたガムは、簡単には取れません!

まち美化やマナーの問題だけではなく、公衆衛生の問題に発展しているのです。

ボランティア頼みで何時までも放っておけば、街の歩道は細菌だらけになってしまいます。

除去したガムは160グラム(個)でした。

新樂智夫

新樂 智夫
Sustainable Community Designer
オフィス アコール代表

過去の記事

(株)オギノガム取り番

お問合わせ先
オフィス アコール
info@niira-accord.jp

ガム取り一番とガム取り棒が「東京トライアル発注認定制度」で認定されました!

山崎誠事務所

まち美化日記(e-ogino)